So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
斜めの木ゾーン ブログトップ
- | 次の10件

斜めの木ゾーン [斜めの木ゾーン]

GrenobleからLyon方面の電車にのる度に気になっていた「斜めの木ゾーン」
http://blog.so-net.ne.jp/dokin-grenoble/2007-05-07
全ての木が同じ方向に傾いている林。それもこのゾーンだけ。一体何故?

地図とGoogle Earth で大体のあたりをつけて行ってみた。今日はクルマは無いのでバス+徒歩。

St.Egreve駅の少し手前で30番バスを降りてSNCFの線路ぞいに歩いていく。ずっと線路沿いに行ければあっさり見つかるのだけど、そう都合よくは道がない。かなり遠回りさせられます。田舎道。遠足に来たみたいだ。会社帰りの寄り道なんですけど。

あ、畑の向こうのあの林は...

線路を越えると...

これだ!とうとう来た。見事に斜め。

写真を撮る時って、被写体に縦線があると無意識にカメラを回して画面の垂直側を合わせてしまうのだ。こんな斜面の林ではなくて、

実際には地面は水平。

しかし傾きの原因は何なんだろう?特に強風が吹いているわけでもないし、第二の太陽が斜め上に輝いているわけでもない。昔斜面だったところが沈下して平地になったというのも考えにくいし。ここだけ重力場が歪んでいるということももちろんない。いったい何やってんだかと思いながら、念のために石を落としてみたけど、石は垂直に落ちた。そりゃそうです。

ひとつ言えるのは、近くにセメント工場があって、すごくうるさいし、空気が埃っぽいことだ。木の傾きの方向は、工場から逃げる方向といえばそうだ。工場から「何か」が?でもセメント工場ってそんなに危険なものなのか?それにこのゾーン以外の木は特に傾いてはいないのだ。

このゾーンは廃墟エリアでもある。

美しい建築だ。でも、とてもじゃないが「ちょっと入ってみようか」とは思えない怖さが漂う。屋根が完全に崩落していて、かなり年季の入った廃墟だ。

他にもやや新し目な廃墟も。斜めな林と廃墟。現実感が薄れていく。

乗馬クラブらしきものがあって馬に乗っている人がいた。リアルワールドだ。多分これが無かったら怖くてここには居られなかった。

---
斜めの木ゾーン。結局見に行ったからって何か分かったわけでもない。謎は謎のまま。まあたぶん殆どの人は興味も無いと思うけど。

続編
http://blog.so-net.ne.jp/dokin-grenoble/2007-06-15

---

斜めの木ゾーン


Grenobleから電車 [斜めの木ゾーン]

2週間のVacance, あっという間に終わってしまいました。
まずは出発時の電車小ネタ。

Grenoble - Lyon Part Dieu 間のローカル線。

最近、TERに新車両が導入された。2nd class でもこんなにぴかぴか。2階建て。座席にACコンセントまでついている。


ケータイはご遠慮下さいマーク。でも構わず通話する人も。


デッキ部にはケータイ使ってもいいよマーク。


いつも電車に乗ると気になる「斜めの木」ゾーン。この林だけ全ての木が全てGrenoble側に傾いで生えているのだ。Grenobleから「何か」が出ているのだとしたら嫌だな。Grenobleを出て数分、St.Egreve付近。

---
その後、斜めの木ゾーンに行ってみたが...
http://blog.so-net.ne.jp/dokin-grenoble/2007-06-08


- | 次の10件 斜めの木ゾーン ブログトップ