So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

布袋大仏 [巨大もの]

今回の名古屋/犬山ツアー。予想外かつ規格外な素晴らしい物件が、ワタシの到着をじっと待ち受けていたのだった。
daibutsu4.jpg
布袋大仏。

daibutsu2.jpg
「若い太陽の塔」に向かう名鉄犬山線。ぼーっと景色を眺めていると、この大仏が突如現れた。一瞬の出来事だったのだけど、あまりのインパクトに息が止まるかと思った。これを見てしまった以上、もう訪れないわけには行かない。そういうことってありますよね。無いですかそうですか。

daibutsu3.jpg
名鉄犬山線 布袋駅から江南方面に徒歩15分。住宅地からぬっと出る大仏。高さ18m. 奈良の大仏より大きいんですと。

daibutsu1.jpg
この大仏。お顔やら各部のバランスのインパクトもタダならぬものがあるが、凄いところは、その出自。
Wikipedia 布袋の大仏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E8%A2%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E4%BB%8F
1949年、当時名古屋市においてきゅう師を営んでいた前田秀信(当時43歳)は、夢告により大仏造立を決断、独力で造像を進め、5年後の1954年に完成した。

東洋のシュヴァルの理想宮、とも言える。妄想オヤジの暴走でできた仏像なのだ。そんなオヤジに私もなりたいわ。

大仏は後ろにある建物と一体化している。
daibutsu5.jpg
その建物は大仏治療院。
daibutsu6.jpg
大晦日も営業中。ここで鍼打ってもらえば、大仏の中も見られたんだよな、と今気がついた。次回はトライしよう。(また来るのかよ)

daibutsu7.jpg
しかしこの大仏との邂逅、岡本太郎氏の導きとしか言いようが無い。「あんた、これも見ていきなさい」と。ありがとう太郎さん。いいモノ見せてもらいました。