So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

À Bout de Souffle en Blu-ray [映画]

遅まきながら、うちのTVもHD化。Blu-ray導入しました。Blu-ray 入れたら最初にかけようと思っていたディスクも同時に購入。
souffle1.jpg
À Bout de Souffle / 勝手にしやがれ

souffle3.jpg
自宅でHD画面でコレを見れる日が来るなんて、生きていればいいこともあるもんですね。VHS で見ていた遠い日の自分に教えてあげたい。

このディスク、Amazon.fr の情報によると日本語字幕が入っていることになっていたのだけど、フランス盤だし、そんなわけない、何かの間違いだよね。と思いながら発注。字幕はなくてもいいや、と。
souffle2.jpg
え"! まぢですか?本当だったんだ...
各種ヨーロッパ言語に混ざって何故か日本語が。そしてよく見るとリージョン A+B なので、ヨーロッパだけじゃなくて日本の普通のプレイヤーでも再生できますね、コレ。

字幕の品質はそう悪くないんだけど、訳者が変われば字幕も変わるので、長年繰り返し見てきた方(わたし)には違和感はあるかもしれません。特にここ。

まったく最低だ (旧字幕 Toshiba DVD. フィルムもたぶんコレ)
saitei1.jpg

もううんざりだ (新字幕 Studio Canal Blu-ray)
unzari1.jpg

ここはやっぱり「最低だ」を継承してほしかったかな。まあセリフの "Tu es vraiment degueulasse" をそのまま味わえばいいんですけどね。

フランスの Studio Canal Collectionシリーズ、調べてみると、ほかにも日本語字幕付きで出してきてます。「去年マリエンバートで」とか。外国映画に字幕とパッケージといらない解説だけ付けてぼったくってきた日本の映像メーカーは「中抜き」されはじめましたよ。お気の毒ですが。