So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Grippe [Grenoble 生活全般]

H1N1 インフルエンザ、当地でもモンダイになってます。注意事項はいろいろアナウンスされているのだけど、大きくアピールされているのはこの3点

- 手洗い励行
- せき/くしゃみは袖で覆って
- 感染かな?と思ったら、いきなり医者に行かずにまず電話で相談

grippe.jpg

うがいとマスクは出てこない。あんまり習慣的に馴染みがないのかもしれない。
くしゃみを袖で覆えというのも面白い。けど手のひらを使うよりは確かに感染拡大リスクは減る。ハンカチやちり紙使えといっても持ってない人も多いし、持っていても咄嗟のくしゃみには間に合わないだろうし。現実的な指示ではある。

しかし、それを考えると、当地で広く行われている挨拶「握手とビズ」はどう考えても接触感染まっしぐらな気が。でもこれを止めましょうとはあまり言われない。

実は止めましょうと言ったひとはいる。会社。「物理的接触は感染リスクを高めるので、握手とビズは控えましょう」という通知が会社である日流れた。

皆さんその日だけ、握手しようとして「おっと、これは禁止なんだよねー」と冗談めかして手だけ振ったりしていたが、次の日からは平常通り。インフルごときで文化を曲げられてたまるか、ということなのか。