So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

唐突に時計の修理を頼まれる [Grenoble 生活全般]

untitled1.jpg

街で自転車を停めていると、知らないおっちゃんがいきなり話しかけてくる。よくいる「ムッシゥ金くれ」なひと(本当によくいるんです)かと思ったら、おっちゃんは腕時計をがちゃがちゃ差し出してくるのだった。何?

 「あんた日本人やろ?ちょっとコレ直してもらえへんやろか?」

ぽかーん。
腕時計の金属ベルトの留め具が壊れているみたいだ。日本人はみんな器用で誰でも時計直せると思っているのだろうか?

ここは「じゃ見せて。ちょいちょい。Ehh voila! 修理代100ユーロいただきます」と、おっちゃんの誤った日本人認識を強化させてあげたいところだが、あいにく時計は直せないので Excusez-Moi.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。