So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不自由な日本語 [音楽]

歌詞が英語とかフランス語とか、母国語でない歌はとても自由。聞き取れなかったり、意味は通じてもダイレクトに入ってこなかったりして、ざっくり言うと、歌詞はなんでもウェルカムなわけです。(私の語学力では)

一方、日本語の歌はなまじ意味がわかるので、歌詞を聞いてしまったがために聴く気がなくなる、という障害が出てくる。日本語であるが故の不自由さ。
薄っぺらい正論とか、安っぽい人生応援歌とか、母国語で聴かされると本当に本当にうんざりしてしまいます。

ということで、聴く邦楽は以下のタイプに限られてしまうことに。

1. 意味がわかって深く響くタイプ

理想ですね。でもそういうのはとても少ない。忌野清志郎さんぐらいかもしれない。

2. 聞き取れない/意味がよくわからないタイプ

聞き取れなければ洋楽的に聴くことができる。あとはイメージの断片を放り投げていくタイプとか。何言ってるのかわからないように歌えばお互いシアワセなのかもしれない。中期 UA とか。椎名林檎とか。

3. いわゆるラブソング

古今東西の「あなたが好き」「あなたがいなくて辛い」という歌は伝統芸能の「型」のようなもの。そこに意味なんて無い。それは作り手も聞き手も最初から分かっているわけです。なので変にひねろうとしなければ全然OKと思います。何語で歌っても同じこと。

4. くだらない歌詞だけど、歌詞の意味を越えて表現が成立しているもの

今これは何と言っても モーモールルギャバンかな。相対性理論も。古くはスターリンとか暗黒大陸じゃがたらとか。結局自分が主に聴くのはこのジャンルということか。

---
でも英語のロックだって、薄っぺらい正論や安っぽい人生応援歌で満ちているのに。日本のものだけ嫌うのは不公平かもしれない。そういう英語のロックが同じように聴けなくなったら、英語力が身についたということなのでしょう。

フランス人でJ-POPにハマる人っている。理由がこの逆パターンだったら面白い。みんな自分のネイティヴ言語でない音楽に向かうのかもしれない。

nice!(0)  コメント/Comment(4)  トラックバック/Trackback(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント / Comment 4

ひよ

安っぽい人生応援歌うんざり党に1票!
24時間テレビとかでみんなで歌う系なもの。。

やっぱ、きよしろ~だよね。
らぶ。
by ひよ (2011-02-07 16:33) 

dokin

清き一票をありがとうございます!
by dokin (2011-02-07 19:55) 

RAY

>英語のロックだって、薄っぺらい正論や安っぽい人生応援歌

ここ数年の某U2とか、そんな感じかも。
まったく聴かなくなってしまいました!

ちなみに私は子供の時から洋楽派ですが、「歌詞けっこー重視派」です。
たぶん小3で英会話教室に行き始めた頃、英国人の先生のリコメンで、洋楽の歌詞を英語の勉強に使っていたからかも・・・

J-POPやJ-ROCKがあまり刺さらない理由は、歌詞もさることながら、個人的には「リズムが後打ち」って点が苦手だったり。

それがダンス系であろうと、バラードであろうと、日本のバンドの音って手拍子が「後ろ打ち」になりません??
1小節の後ろにリズムのアクセントが来るっていうか。演歌とかに近い。

私は「頭打ち」が好きで1小節の冒頭にガーン!ってアクセントが来るのが刺さるのです。
あー、うまく説明できないのが残念ですが、でもなんとなく伝わりましたよね?(あ、伝わってないかっ!)
by RAY (2011-02-08 01:53) 

dokin

実は某U2, 最初から今に至るまで一貫して苦手です。この理由で....
ブリットポップ全般も実はそう...

でもこれってよくよく考えて見れば、「誰が歌うか」っていう主観で左右されてるだけかもしれません。
全く同じ正論フレーズがあったとして、ボノが歌えば「正論」、Ian Curtisが歌えば「絶望」、John Lydonが歌えば「皮肉」、Bob Dylan が歌えば「真理」になってしまうのかも。
by dokin (2011-02-08 05:48) 

コメントを書く/Write comment

お名前/Name:[必須]
Your URL:
コメント/Comment:
画像認証/Captcha:
下の画像に表示されている文字を入力してください。Enter the numbers shown in the picture

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました