So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Wake the President [音楽]

さいきん聴いてる Glasgow の新人ギターポップバンド。
ベルセバとか好きなひとは聴くといいと思います。(とか書くと、仄かな悪意を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなこともないです)

Wake the President / Miss Tierney


そういう音楽なのは分かったから、何もそこまで「いかにも」なジャケットにせんでもええよ。

You Can't Change That Boy

You Can't Change That Boy

  • アーティスト: Wake the President
  • 出版社/メーカー: Magic Marker
  • 発売日: 2009/05/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント/Comment(7)  トラックバック/Trackback(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント / Comment 7

morkmay sanjack

ちょっと切ないミント味でさっぱりしました。
ベルセバって何?
新しいアイスか?
by morkmay sanjack (2009-06-26 08:58) 

dokin

そうそう。ハイフィデリティなひとの好む、チョコミントアイスみたいなベルセバ。
by dokin (2009-06-26 09:16) 

morkmay sanjack

何か思い出すなあと思ったらPale Fountains!
by morkmay sanjack (2009-06-26 10:17) 

RAY

ベルセバというよりは、スミスフォロワー?
ジャケ絵からして、「スミスかよっ」とツッコミを入れたくなるような・・・
ヴォーカルの声があと3歩(失礼)ですが、ギター音はまあまあ。

・・・っておまえはアラン・マッギーか?って逆にツッコミが入りそうな、プロデューサーみたいな発言になってしまって失礼しました。
最近、80年代ギターポップリバイバルみたいなゼロ年代のバンドがひそかにブームのようですね。
最近、CD購入したばかりのThe Pains Of Being Pure At Heart ってバンドもそんな感じでしたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=KLVrTruj_Aw

by RAY (2009-06-26 10:39) 

dokin

このバンド、悪くないんだけど、何というか「痛み」の全くないところがスミスとは異次元なんですよねー。ま、スミスフォロワーは大体そんな感じかも。ベルセバとか。(なんか悪意が...)

「純粋でいることの痛み」僕も聴いてます。こっちは90年代リバイバルっぽいかも。Lost in Translation のサントラに入ってそう。
by dokin (2009-06-26 16:32) 

RAY

そうなんですよね、「痛み」も「傷み」もなく、ついでに「毒」と「スパイス」も無いというか。ベルセバとかも。
(注:ワタクシは悪意はございませんわ。)

The Pains Of Being Pure At Heart 、やっぱりチェック済でしたか。Lost in Translationっぽいですね、たしかに。
こちらは毒は無いけど、「切ないガレージ系リバイバル」な感じと、女性ヴォーカルの甘酸っぱさに1票。
とはいえ、アルバム1枚で終わりそうなバンドに感じますが。

by RAY (2009-06-26 19:26) 

dokin

The Pains Of Being Pure At Heart, 切なくて結構イイです。
ディストーション持ってくるのを忘れた Jesus & Mary Chain みたいでもあるし。(ここでジザメリ、と言わないところが私の悪意の無い証...)

アルバム出たのは今年ですが、バンド名と同じタイトルのEP出したのはもう2年ぐらい前かも。フルアルバム出たら解散ってありがちですが。
by dokin (2009-06-26 21:42) 

コメントを書く/Write comment

お名前/Name:[必須]
Your URL:
コメント/Comment:
画像認証/Captcha:
下の画像に表示されている文字を入力してください。Enter the numbers shown in the picture

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました