So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

斜めの木ゾーンの歴史と今後 [斜めの木ゾーン]

「斜めの木ゾーン」
http://dokin-grenoble.blog.so-net.ne.jp/2009-05-03
からまだ続きます。

Grenoble市の広報誌 Métro Scope 4月号。一月前から目の前に置いてあった。何気なく手にとって開いてみると...
eco1.jpg
こ、これは「斜めの木ゾーン」にあった廃墟!
記事を読んでみると、ゾーン開発計画のハナシなのだった。何というシンクロニシティ。食い入るように読む。

1. ゾーンの歴史が今明らかに

私が「斜めの木ゾーン」と呼んでいるエリアは、1900年頃、精神病院だったらしい。とても大規模な病院で、患者900人、従業員100人がここに居たそうな。最寄りの街 Saint Égrève の当時の人口が 1500人だったというから、いかに大きな病院だったかが伺える。

...ということは、ゾーンにあった廃墟は 100年モノの精神病院の廃墟ということだ。なかなか凄いスポットだったんですね。知らなかった。

そして病院には 40ヘクタールの農場があり、病院で使う食料はここで自給自足していたという。世間と完全に隔絶されていたわけですね。
おそらく「斜めの木ゾーン」はもともと農場で、病院を閉鎖した後で農場に植林されたのだろう。そういえば、以前ゾーンに足を踏み入れた時、林の地面がプールの底みたいに平らで、ちょっと不気味に感じたことを思い出した。100年前は畑だったんだ...


2. そしてゾーンの今後は

現在では Dièse Vallée (♯の谷? この名前も凄く意味深ではある)と呼ばれるこの地域の開発計画が進んでます。"Vence Écoparc" という名前がもう決まっていて、エコ関連(リサイクル事業とか?)の企業を誘致する計画らしい。
eco2.jpg
もう分譲プランまで。こりゃ斜めの木は全部伐採ですね。ああ。

--
これはフランス語がもう少し上達したら、この辺の郷土史家探して話を聞いてみないと。とことん知りたくなってきました。ゾーンの歴史。
しかし、そんなチャンスが巡ってきたとして「何でここにそんなに興味があるのか?」と聞かれたら困るな。「木がとっても斜めだったから」としか...

---
http://dokin-grenoble.blog.so-net.ne.jp/2009-07-03
に続きます
nice!(0)  コメント/Comment(6)  トラックバック/Trackback(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント / Comment 6

misaqui

おおー感動です!
斜めの木ゾーンにそんな秘話があったとは!
100年前の精神病院って、凄いですね…!
by misaqui (2009-05-06 07:57) 

dokin

びっくりでしょう!ゾーンの歴史。
でも、あんな街から離れたところに廃墟が沢山あるのは、何か訳アリだとは思ってたんです。そういうことだったのか。
斜めの木ゾーン Watcher として、さらに調査を続けます。
by dokin (2009-05-06 08:16) 

いずみ

このシリーズ面白いですねーーーー。こういうの大好きっす。

しかも調べてみたら、このゾーン、かなり曰くつきかも。
第一次世界大戦の時に兵士が収容されてたとか・・
昔病気の子供のための施設があったけど、戦争で爆破されたとか、
孤児院があったとか、修道院があったとか・・
消防士が訓練に使って燃やしたとか・・・

どれも誰も本当かどうかはわからないみたいですが・・。

参照:(この記事自体はは関係なさそうですが、このコメントはそこのことですよね、精神病院の農場、セメント工場、乗馬場ってなってるので・・。)

http://www.monsaintegreve.fr/2009/01/10/tout-ce-qui-a-disparu-sur-saint-egreve/

しかもここにその廃墟が崩される様子がたくさん

http://www.monsaintegreve.fr/2009/04/18/la-ferme-de-lhopital-avant-et-apres/

そして、安心してください。
この記事に、緑は残すと書いてあります。
きっと斜めの木たちも、残されます!!!!

http://www.la-metro.org/fr/developpement/lettre_eco_pdf/LettreEco20.pdf

以上ですが、なんで木が斜めなのかは誰もきにしてません。
そこが一番重要なのに・・・。
こうなったら聞き込み調査しかないっす!!

by いずみ (2009-05-06 08:31) 

dokin

うわ!ありがとうございます。
ネットにこんなに情報があったんだ.... 写真もこんなに。やっぱりフランス語ちゃんと読めるといいですねー。

>この記事に、緑は残すと書いてあります。

それは良かった...
実はエコなんちゃらの施設のために林を伐採するって何て偽善的な.. と憤慨してたんですけど、そんなことはなかったわけですね。

> なんで木が斜めなのかは誰もきにしてません。
> そこが一番重要なのに・・

そう!そこが大事なのに!写真にもいっぱい写ってるのに!皆気にしようよ!
by dokin (2009-05-06 09:21) 

たなま

これすごい面白いです。
でもこれといったネタも無いので、反応できないでいましたが、ガマンできないです。

確かアメリカのアリゾナかどこかに重力異常スポットを売りにした観光地がありますが、あれはちょっと眉唾でしたし・・・・。
地下に質量の軽い地層を持つ地域の重力異常、日本では飛騨山脈にあるらしいですが、あれはわずかに軽くなるだけだったはずですし・・・。
そばに巨大な質量でも無い限り、重力の方向が変わるってありえないわけで・・・。

次はなんらかの電磁波の影響・・・前に電磁波を吸収するサボテンというのが話題になったことがありますが、考えてみたら光も電磁波です。
違いますね。

最後は精神病院の影響?
最新のホログラフィック宇宙論では宇宙の全ての物質は本質的実態の影らしいですが、時々バグが現れるらしい。
ホログラフィーフィルムに刻まれた干渉縞の揺らぎみたいなものらしくて。
それかな。

すいません最後は電波になってしまいました・・・・。


by たなま (2009-05-08 13:01) 

dokin

2009年現在、現地の重力は地面と垂直方向です... (小石落下実験で確認済み)
電波、なのでしょうか...
by dokin (2009-05-08 15:32) 

コメントを書く/Write comment

お名前/Name:[必須]
Your URL:
コメント/Comment:
画像認証/Captcha:
下の画像に表示されている文字を入力してください。Enter the numbers shown in the picture

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました