So-net無料ブログ作成

Tour de Sassenage 16世紀 [Tour de Sassenage]

さて謎の塔 Tour de Sassenage
http://dokin-grenoble.blog.so-net.ne.jp/2014-02-08
http://dokin-grenoble.blog.so-net.ne.jp/2014-02-09
名前は分かったものの、検索しても殆ど情報が無く、このBlogの記事が上位に来る始末。

Grenoble Moyen age (中世) で画像検索してみたところ、16世紀のグルノーブルマップが!さすがに16世紀の著作権は消滅していると思われるのでそのまま使わせていただきます。16世紀の人に感謝。

Le Vrai Portrait de la Ville de Grenoble, XVIème siècle
le-vray-portrait-de-la-ville-de-grenoble.jpg

Tour de Sassenage の辺りを拡大してみると...
tour1.jpg
これ、そうじゃないかな? "Z" と注釈記号がありますね。

tour2.jpg
やっぱり!
Z. La tour de Sassenage (でも微妙にスペルが違う気もする)

Tour de Sassenage, 16世紀の記録はしっかり残ってます。11世紀に出来て、2014年の今まだ建ってるんだから、その間の16世紀にあるのはまあ当然といえば当然なんですが。なんかうれしい。

そして、今は塔の下半分が建物に入っていますが、16世紀には全体がむき出しだった模様。塔の中程にはスリット状の窓も見えます。今建物に隠れてる部分がこうなってるのかな?すごく見たい...


St.Vincent @ La Cigalle, Paris [音楽]

間もなくニューアルバムの St.Vincent
DSC04779.jpg
奇麗にパッケージされたショウでした


Space Invaders (51) Cassette [Space Invaders]

PA-900
Place Pigalle, Paris 9e
DSC04768.jpg

L'immeuble de la rue Franklin [Fine Art]

Auguste Perretの建築。初期の作品 L'immeuble de la rue Franklin(1903)
DSC04739.jpg
展覧会場の近くなのでいってみました。

25, rue Benjamin-Franklin, Paris
DSC04755.jpg
周囲の普通のパリの古い建築と比べて、明らかに形がシャープで格好いいです。そして明らかに窓が大きい。

DSC04762.jpg
そして壁面全体を覆う植物模様。ここいいなあ。中も観てみたい。

Palais d'Iéna [Fine Art]

Auguste Perretの展覧会、会場もまた Perret の建築。
DSC04724.jpg
Palais d'Iéna.
Le Conseil économique, social et environnemental (CESE) 経済社会環境委員会?という機関が使っているので、普段は用がない人は入れません。入り口にはX線手荷物検査も。

展示会ホールに続く青い絨毯階段
DSC04750.jpg

会議場。なんて美しい。
DSC04745.jpg

階段に浮かび上がるペレ先生
DSC04747.jpg
これはどうなんだろ

Auguste Perret / Huit Chefs d'Œuvre!/? [Fine Art]

「コンクリートの父」と呼ばれる建築家オーギュスト・ペレの展覧会に行ってきました
DSC04749.jpg

8つの代表的な鉄筋コンクリート建築の展示。模型もあります。
DSC04727.jpg

ル・アーブルの St.Joseph教会
DSC04729.jpg

あ。これは Grenbole でおなじみの塔。
DSC04731.jpg

新しすぎて大混乱になったというストラヴィンスキー「春の祭典」の初演ポスターが
DSC04736.jpg
これ、ペレの建てた劇場だったんですね。新しい音楽は新しいハコで。

ごんふれ [フランス語]

胸部レントゲン撮影のフランス語

ごんふれ ごんふれ ごんふれー
(吸って 吸って 吸ってー)

Gonfler : ふくらます 満たす

謎の塔(2) Tour de Sassenage [Tour de Sassenage]

謎の塔、いつもは通り過ぎるだけだったのですが、ある日なんと
DSC04112.jpg
謎の塔のあるブロックのアパートの扉が開いてる...

そしてよく見るとその横に
DSC04111.jpg
説明プレートが。今まで気がつかなかった。
謎の塔、Tour de Sassenage (サスナージュの塔) っていう名前だったんですね。
そして 1070-1268 と。1070年に建造されたのはいいとして(ってさらっと言うけど 944年前ですよ!)、1268年までっていうのはどういうこと?何らかの政変か技術革新か商売上の理由でお役御免になったということか?そもそも塔の役目は何だったんだろう?謎は深まる。

この扉から入っていいものか?ちょっと迷ったのだけど、史跡プレートもあることだし、開いているということは見学OKということだよね?と判断して進む。

DSC04115.jpg
中庭に入れました。謎の塔、いや、Tour de Sassenage の勇姿を間近に拝むことができました!塔に通じるところは閉ざされています。あと一歩で入れそうなのに!

「謎の塔」の名前と稼働年が判明して、しかも至近距離までアプローチできたなんて、ものすごい進歩。でもいつの日か塔に入ってみたい。その日は来るのだろうか?

謎の塔 [Tour de Sassenage]

Grenoble にはいくつか「謎の塔」があります。
そのひとつ。旧市街からぽこっとキノコのように飛び出している小さい塔。

View Larger Map

Google Mapsとか高いところからだとすぐ見つかりますが、旧市街の地上からだと他の建物に阻まれて、この塔が見える場所は限られています。
DSC04106.jpg
Isère川岸から Rue de Lorraine を眺める方向。塔が見えるのはここだけです。この配置には何かの意図があるのでしょうか?
DSC04110.jpg
近づいていくとこのように見えてきますが、塔はそう高くなく、またブロックの奥まったところにあるので、近づきすぎるとまた見えなくなります。

煉瓦作りでのっぺりと、ぷつぷつと小さい穴があいているけど窓は無い。そしてこの塔の生えている建物は普通の古いアパートメントのように見えます。一般に公開されている風ではなく、そもそも入り口さえよくわかりません。

謎の塔。あなたはいったい何物?
(つづく)

Takoyaki [Grenoble 生活全般]

まわすまわすまわす
DSC04699.jpg

今回はバーテンダーを呼びました
DSC04708.jpg
3色カクテル。お見事
メッセージを送る