So-net無料ブログ作成

Wasabi [たべもの のみもの]

Monoprix である日積まれていたワざビーチップス
wasabi1.jpg

すごいわさび色
wasabi2.jpg
つーん。わさび結構強力。共和国のみなさんはコレ大丈夫かな

ちなみにその後売り場では見かけません

Ramadan [Grenoble 生活全般]

ラマダンってあるでしょう
ムスリムなひとが昼間飲食できない時期。
ムスリムな同僚は暑いのに水も飲めなくて大変そうだった。国ごとに公式にアナウンスされた日没時刻になると飲食解禁なので、毎日日没を心待ちにするそうな。

んー。だったらそういう iOS アプリとかあるんじゃない?
さっそくその場で調べてみたらやっぱりあった。
その名も "Ramadan". 自分もついノリで入れてしまいました。

ramadan.jpg

日没と夜明けの時間に「ちりーん」と教えてくれます。さあボナペティ!と、はいそこまで!専用タイマー。
日没はいいんだけど、夜明けに毎日これで起こされます。一般にはあまりお勧めできないアプリ。

かきごおり [たべもの のみもの]

例年は8月も後半になると涼しくなってくるんだけど、今年は残暑厳しいグルノーブル。

日本からの救援物資、かき氷器
koori1.jpg

できた!
koori.jpg

McCafe がらがら [店]

Vacances で閑散とした静かな Grenoble にかえってきた
mccafe.jpg
誰もいない Grand'Place のマック。この時期ちょっと好きなんですよ。この空っぽ感が。

Bai-Bai! [旅行]

ペキンのひとが別れ際にいう "Bai-Bai!" がとてもキュート。何だかきゅんとする。
私もそろそろ帰ります。

Bai-Bai!

pkn-msc1.jpg

pkn-machi3.jpg

pkn-machi2.jpg

pkn-bldg4.jpg

pkn-msc4.jpg

pkn-msc3.jpg

pkn-msc8.jpg

pkn-msc7.jpg

二胡 [音楽]

ストリート二胡にはまる
pkn-erhu1.jpg
このおじいさんの二胡はよかった。息も絶え絶えな音にココロを打たれる。このあと二胡のCDを買うが、いわゆるプロフェッショナルな演奏にはあまり惹かれず。アマチュア二胡音源もっと欲しい。

天壇公園で練習中のおじさんたち
pkn-erhu2.jpg
歌いり。これは躍動感があってまた素晴らしい。そして二胡プレイヤーがZZトップ

国家免費提供 [旅行]

北京の住宅地で
pkn-co.jpg
特にどうということもないコンドームの自販機
と思いきや、機械にはお金入れるところがない。ボタン押せばとり放題。

国家免費提供
pkn-co2.jpg
太っ腹な中国政府。というか一人っ子政策の一環なのかな。

城壁 [古いもの]

気象台と共に一部だけ残っている北京城の城壁
pkn-wall1.jpg

ザ・城壁
pkn-wall3.jpg

こんなところにも2行広告が!
pkn-wall2.jpg

北京城の城壁の殆どは破壊されてしまったらしい
http://www.catv296.ne.jp/~t-homma/dd080925.htm

古観象台 [古いもの]

何やらカッコいいものが!
pkn-obsv6.jpg
古観象台。大昔の北京気象台です

観測機器の美しいこと
pkn-obsv2.jpg

龍がささえてます
pkn-obsv5.jpg

ここ、いいですよ。dokinブログ的には北京一押しスポット。
pkn-obsv4.jpg

ひげ [旅行]

フランス在住の日本人男はヒゲ率が高い気がする。その考察は別の機会にするとして、わたしも「いかにも」なヒゲ男である。

一方、2012年の北京ではヒゲのひとはほぼ皆無。同じアジア人のカオをしているものの、ヒゲのおかげで異人さんツーリストとスムースに理解される模様。

きっと
「わーヒゲだよこのひと。昔っぽーい」って思われてるんだろうな。

こんなふうに
hige.jpg

腹出し [旅行]

毎日暑い
pkn-bldg1.jpg

北京で暑い日によく見られるもの
pkn-hara.jpg
男性の腹出しファッション。おもいっきりガン飛ばされてますが。

老いも若きもみなさんまくってました。あんまり暑いので自分もちょっとやってみた(やるのか!)けどそんなに涼しくならないよ。あ男子限定ね。

2行広告 [旅行]

いわゆる落書きがあんまりない北京。その代わりに壁を占有しているのは
pkn-gft6.jpg
2行広告、のようです。空調工事とか穴あけとか。

道を歩けばそこら中に2行広告
pkn-gft1.jpg

地面にも
pkn-gft2.jpg

そしてたぶん、業者間の熾烈な争いがあるんでしょう
pkn-gft5.jpg
コンペティターの広告は消す、のだと思われる。

北京の落書き [旅行]

Space Invader や The Sheepest が北京に進出していないのは分かっていたんだけど、それにしても落書きが少ない。ひとんちの塀やシャッターに落書きする悪習はあまりないらしい。それはいいことなのだろう。

とはいえ、ゼロではない。人が住んでいる限り。
pkn-gft3.jpg
The イノシシ

しりあがり寿風
pkn-gft4.jpg

わるくないですね

工場廃墟公園 [巨大もの]

UCCAのある798大山子芸術区。もともとは工場地帯だったそうで、美しい工場廃墟が残ってます。
pkn-fct6.jpg

中には入れないんだろうな... と思いながら進んでいくと
pkn-fct4.jpg

どんどん入れてしまいます
pkn-fct9.jpg

ああたまらん
pkn-fct5.jpg

なんて美しい
pkn-fct1.jpg

整備されて公園になってます
pkn-fct2.jpg
このタンク?は改造して公衆トイレに。トイレはとてもキレイ。

Einstruzende Neubauten...
pkn-fct3.jpg
これはちょっと「こういう雰囲気にはコレ、とお勉強しました」感も...

工場廃墟をそのまま公園に、っていうのはとてもいいと思います。これを美しいと感じるひとはマイノリティではないということだ。すくなくとも北京では。


世田谷2号

尤伦斯当代艺术中心 / UCCA [Fine Art]

UCCA (The Ullens Center for Contemporary Art) なる現代美術センターに
pkn-ucca1.jpg

印度公路なるExhibitionをやってた。なかなかよい
pkn-ucca2.jpg
ぞろぞろ

ああこの果てしない感じ
pkn-ucca3.jpg

今回一番の収穫は
wenling2.jpg
このひとのコミック画、とてもよいです。淡々とぐちゃぐちゃとした北京ライフが。中国の和田ラジヲ+根本敬、とでもいうのか。

温凌 / Wen Ling というひと
wenling1.jpg

作品も売ってます。もちろん買ってきましたとも。
wenling3.jpg
ここから見れます。
http://potot.com/?cat=61

蜂蜜酸牛奶 [たべもの のみもの]

暑さにうだる北京の道端でよくみるもの
pkn-yog1.jpg
何だろう?飲み物なんだろうな。至るところでこれを見る。きっと良きものに違いない。

これだこれだ
pkn-yog6.jpg
おじさんひとつおくれ

蜂蜜酸牛奶。ハニーヨーグルトです!
pkn-yog2.jpg
このパッケージがまた素敵。

人民はこのようにストローをぶっさして
pkn-yog4.jpg
ちゅうちゅう吸うのです。
せつない気持ちになるおいしさ。すごく気に入った!
メッセージを送る