So-net無料ブログ作成

Neyrpic [古いもの]

トラムC線 Neyrpic-Belledonne 駅。
nr1.jpg
Belledonne は山の名前なんだけど、Neyrpic ねーるぴっく って何よ?と通るたびに思っていた。フランス語にしては不自然なスペルだし。

ある日、図書館に行くと、Neyrpic Grenoble とだけ書いてある大判モノクロ写真集が。表紙には巨大なスクリューのある何かの地下巨大施設。ぞくぞくしますね。
nr2.jpg
今あきらかになる Neyrpic の謎。
読んでみると Neyrpic というのは水力発電のタービンなどの巨大設備メーカーで、かつて St-Martin-d'Heres に本社工場があったそうな。

あ!あれか!
nr3.jpg
トラム駅から「どよーん」と見えている工場廃墟。これが Neyrpic だったんだ。

廃墟、結構好きなんですけど(っていうのもアレですが)、この工場廃墟は遠目に見てもヤンキーによる落書きや破壊が酷くて、訪れたことがなかった。でも折角なので行ってみることに。

nr5.jpg
建物の一部は改装してあって、オフィスや公共施設になってます。なので敷地内へのアクセスは問題なし。

nr6.jpg
トラムC線側の建物は落書きが酷い「いやな廃墟」ですが、奥の方にはこんな「いい廃墟」が。

nr7.jpg
アンコールワット状態。何年でこうなるんだろう。

nr8.jpg
工場廃墟内部が見えるポイントが。この「しーん」とした世界が数十年ここにひっそりと存在しているんですよ。

----
おまけ

1. Neyrpic という社名は、創業者たちの苗字 Neyret - Beylier - Piccard - Pictet から来ている。

2. この工場は 1900年ごろに建設されている

3. Neyrpic社は2000年に Alstom Power Hydro という会社に吸収され、もう Neyrpic の名前はない。トラムの駅名に残るのみ。

4. 実は、最後の写真の工場内部。放心して眺めていたら、中に誰か人がいて、死ぬほどびっくりして走って逃げた。よい子は入ってはいけません。廃墟探検で何が怖いって、他の人間と出くわすことだ。向こうもそう思っているかもしれないけど。
メッセージを送る