So-net無料ブログ作成

Kickstarter [音楽]

アーティスト、プロジェクトへの直接個人出資システム PledgeMusic とか Kickstarter っていうのがあります。

http://www.kickstarter.com
http://www.pledgemusic.com

要は、資金力の無いアーティストが「レコーディングしたいんだけどお金が無いので、みなさん出資してください!」というもの。

これまで、個人がアーティストに対して金銭面で応援したい場合、作品を購入するしかなかったわけです。それはそれでマットウなのだけど、払ったお金はアーティスト本人だけじゃなくてレコード会社やら権利団体やらに中間搾取されてしまうし、CD や紙など、本来は「音楽」と関係ない工業製品を大量に生産流通させる方向はエコ的によろしくないです。

そこで直接出資。
出資といっても、配当金が入るわけではなくて、作品完成時に出資額に応じた「リターン」があります。

David J / Not Long for This World
http://www.kickstarter.com/projects/1628561013/david-j-bauhaus-new-album-not-long-for-this-world

出資額:リターン
-------------------------
$10: 完成したアルバムの早期ダウンロード権
$20: + CD
$40: + サイン入りCD
$60: + Tシャツ
$100: + Vinyl + ポスター + アルバムの "Thank you" セクションに名前掲載
$250: + 限定7inch EP
$400: + アルバム試聴パーティーにご招待
$500: + Live ご招待
$750: + Live であなたのリクエスト曲演ります
$1000: + Live 後、バンドとのディナーにご招待
$5000: + あなたのお家に出張コンサート(USのみ)

うーん、ダウンロード権以外はあんまり... 今更CDとかVinyl なんて物理メディアはいらないし。でも Live でリクエスト曲やってくれるっていうのはいいかも。

このひとの場合、どのみち iTunes Store で出たら買おうと思ってたので、先払い感覚で $10 出資してアルバム完成を待ってます。

アーティストとリスナーが直接取引するシンプルな社会。産業としてのレコード会社は「いらない存在」になっていく気がします。
nice!(0)  コメント/Comment(2)  トラックバック/Trackback(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント / Comment 2

モクメ

ちょっと違うけど演歌の世界のパトロンと歌手みたいだね。
限定個人と不特定多数ってとこがね。
演歌だとパトロンの忘年会に出たり、パトロンの会社の社歌歌ったりとかありそうじゃん。
なんか日本的な世界がチラッと見えた。
by モクメ (2011-10-18 02:29) 

dokin

芸術が王侯貴族の道楽だった時代、ヨーロッパの音楽家や画家はパトロンありきだったわけだし。近代そういうのが解体されて産業化された後、コンピューターとネットが普及して再びパトロン制に戻るっていうのは面白いかも。
by dokin (2011-10-18 03:09) 

コメントを書く/Write comment

お名前/Name:[必須]
Your URL:
コメント/Comment:
画像認証/Captcha:
下の画像に表示されている文字を入力してください。Enter the numbers shown in the picture

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る